スポンサーリンク

「雑節(ざっせつ)」は季節の節目を示すもの

雑節(ざっせつ)

季節の節目を示すもので、
二十四節気を補う意味合いをもつ

主に農作業と照らし合わせた季節の目安で、
日本の気候風土に合わせた日本固有の暦

 

 

 

雑節一覧

節分(春:2月3日頃)
彼岸(春:3月21日頃前後、秋:9月23日頃前後)
社日(春:3月中旬頃、秋:9月下旬頃)
八十八夜(5月2日頃)
入梅(6月11日頃)
半夏生(7月2日頃)
土用(夏:7月20日頃~8月6日頃)
二百十日(9月1日頃)
二百二十日(9月11日頃)

 

 

節分(せつぶん)

立春、立夏、立秋、立冬の前日を指す名称

現在は主に立春前日のみの事を指す
2月3日頃

「節分」の詳細

 

 

彼岸(ひがん)

春分秋分を中日とし、前後3日を含む7日間
(春と秋で計14日間)

自然界すべてに感謝する「日願」の行事と
仏教由来の「彼岸」の行事が結びついたもの
など、諸説ある

【春の彼岸】
「3月21日頃(春分)」の前後7日間

【秋の彼岸】
「9月23日頃(秋分)」の前後7日間

「彼岸」の詳細

 

 

社日(しゃにち)

春分・秋分に最も近い戊(つちのえ)の日

土地の神様に感謝する日

【春の社日(春社)】
種まきの時期(五穀豊穣祈願)
3月中旬頃

【秋の社日(秋社)】
収穫の時期(収穫を感謝する)
9月下旬頃

 

 

八十八夜(はちじゅうはちや)

夏支度や農作業を始める目安

立春を第1日目として88日目の日
5月2日頃

「八十八夜」の詳細

 

 

入梅(にゅうばい)

暦の上の梅雨入りの時期

実際のその年の梅雨入りとは異なり、
梅雨に入る時期の目安として用いられてきた

太陽横径が80ºの時
6月11日頃

 

 

半夏生(はんげしょう)

梅雨の最盛期
(農作業を終える等の目安となる日)

太陽横径100ºの時
(かつては夏至から数えて11日目)
7月2日頃

 

 

土用(どよう)

立春、立夏、立秋、立冬の各前日18日間ずつ
(現在は主に立秋前の「夏の土用」のみを指す)

太陽横径117ºの時~立秋前日まで(約18日間)
7月20日頃~8月6日頃

「土用」の詳細

 

 

二百十日(にひゃくとおか)

台風が襲来する日として注意をする

立春を第1日目として210日目
9月1日頃

 

 

二百二十日(にひゃくはつか)

二百十日と同じく台風襲来の注意喚起

立春を第1日目として220日目
9月11日頃

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました