スポンサーリンク

「八十八夜(はちじゅうはちや)」(5月1~2日頃)

八十八夜(はちじゅうはちや)

八十八夜は、雑節のひとつ

立春の日を起算日(1日目)として「88日目」

立春の日がいつになるかによって日にちが変わり、
大体「5月1~2日頃」になる

すぐ数日後に立夏を迎えることから、
夏支度や農作業を始める目安とされてきた

 

 

 

「八十八夜」と「新茶」

• 八十八という数字が末広がり
• 「八・十・八」を組み合わせると「米」の字になる

こういったことから
農作業者にとって縁起が良いという考えがあった

こういった背景から、
八十八夜の日に摘み取った新茶は縁起物とされる
(新茶の摘み取り時期は一般に4月後半~5月頃)

 

 

 

なぜ八十八「夜」なのか?

八十八夜が定められたであろう頃の
日本での暦の主流は「太陰暦」であり、

• 太陰暦では日没(「夜」になる時)を
1日の初めとすることが多い

• 太陰暦は月の満ち欠けによる暦であり、
月の出る「夜」が基準とされることが多い

などといったことが理由であると推測される

 

 

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました