スポンサーリンク

【ラグビー】22メートルライン・22メートル区域

22メートルライン・区域

【22mライン】
ゴールラインから22mの位置に引かれたライン

【22m区域】
ゴールラインと22mラインの間の区域

 

 

 

22mライン・区域内の特徴

22mラインより内側、22m区域は、
攻撃側にとってはトライを狙うチャンスが増し、
防御側にとってはインゴール間近の最終防衛エリア

防御側にとっては一刻も早く脱出する必要があり、
基本的に陣地を回復することを第一に考える

このエリアでは、
防御側が陣地を挽回するために有利なルールがある

 

 

22mライン・区域内のルール

• タッチキックで地域を挽回しやすい
(ボールが出た位置からラインアウトで再開)

• マーク
(ゲームを中断し、ドロップアウトでの再開)

 

 

 

タッチキックで地域挽回

タッチキックとは、
タッチライン外側へボールを出すキック

自陣22mラインより自陣側でタッチキックした場合、
ボールが出た地点からのラインアウトでの再開となり、
陣地の挽回がしやすいようになっている

ラインアウトは相手ボールとなるものの、
陣地を挽回することでピンチをしのぎ、
その後のチャンスにつなげる可能性が増す

 

 

補足(キック位置とバウンド有無)

ボールがタッチを割るとその地点から再開されるが、
キックしたボール」の場合、キックした位置や
バウンドの有無などで再開位置が異なる

 

自陣22m外側からダイレクトタッチ

ダイレクトタッチとは、
ボールがバウンドせず直接(ダイレクト)、
タッチライン外側(タッチ)に出ること

自陣22mラインより相手陣側でタッチキックし、
ダイレクトタッチとなった場合は、
キックした平行位置からラインアウトで再開となる

これは、真横に蹴り出したのと同様の扱いであり、
キックを蹴った側からすると陣地が挽回できず、
相手ボールのラインアウトでの再開となり、不利益

 

バウンドしてからタッチに出た場合

フィールド内にバウンドしてからタッチに出た場合、
22mライン内と同じく出た位置からの再開となる

ただし、
バウンドさせて外に出るようなキックでは、
タッチに出る前に相手に奪われる可能性もある

22mラインより相手側からのキックでは、
バウンドさせなくてよいため、手が届かないように
ハイボールで確実に蹴り出すことができる

 

 

キック位置とバウンド有無のまとめ

• 自陣22mラインより後方(バウンドあり)
➝「タッチラインを割った地点でラインアウト

• 自陣22mラインより後方(ノーバウンド)
➝「タッチラインを割った地点でラインアウト

• 自陣22mラインより前方(バウンドあり)
➝「タッチラインを割った地点でラインアウト

• 自陣22mラインより前方(ノーバウンド)
➝「キックした平行位置からラインアウト」

 

 

 

例外

• 防御側が自ら持ち込んだ場合
• ペナルティキックの場合

 

防御側が自ら持ち込んだ場合

22mラインより外側(相手側)にボールがある状態から
内側に防御側が自らボールを戻し、キックした場合は、
22mライン内のルールは適用されない

➝「キックした平行位置」からラインアウト

 

ペナルティキックの場合

ペナルティキックでタッチキックした場合は、
キックした位置やバウンドの有無を問わない

➝「タッチラインを割った地点」からラインアウト
キックをした側ボールでのラインアウト

 

 

 

マーク

防御側が自陣22mラインより後方で、
相手の蹴ったボールを『マーク』とコールして
ノーバウンドでキャッチすること

これによりプレーを一旦中断することができ、
「フリーキック」で再開することが出来る
(キャッチしたプレーヤーのキックで再開)

ただし、
キックオフ、または、得点後の試合再開のキックから、
マークを行うことはできない

 

フリーキック

キックの方法

パント⁠、ドロップキック⁠、
または⁠、プレースキック(タッチを除く)で蹴ってよい⁠

キックの方向

ボールをどの方向へ蹴ってもよい⁠

スクラムの選択

フリーキックを与えられたチームは⁠、
スクラムを選択することもできる

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました