スポンサーリンク

【ラグビー】「ラック」と「モール」の違い

ラックとモールの違い

ラグビーでは、ゲーム中の攻防の中で
「ラック」や「モール」と呼ばれる密集状態ができる

 


【ラック】

• ボールは地面についている状態
• 両チーム1人ずつ以上が組むことで成立
• ボールを手で扱ってはいけない
• 密集の前進はあまりない


【モール】

• ボールは手に持っている状態
• ボール保持者と両チーム1人ずつ以上が組むことで成立
• 密集の中でボールを手で受け渡すことができる
• ボールを保持したまま密集ごと前進できる


 

ラックやモールに参加する場合

ラックやモールに新たに参加するプレーヤーは、
どちらも最後尾の真後ろから参加しないといけない
(横や斜め後ろから参加すると反則)

 

ラックやモールでの「オフサイド」

ラックやモールでのオフサイドラインは密集最後尾の足
(参加している最後方の味方選手の足の部分)

ラックやモール成立と同時に密集の最後尾から、
横に伸びた線がオフサイドラインになる

オフサイドラインよりも敵陣側にいる選手はプレー不可

 

 

 

ラック(Ruck)

ラックの目的は、プレーヤーに
地面にあるボールを争奪させること

地面にあるボールの周囲で、
両チーム各1人以上が立ったまま組み合う状態

 

人数

最低人数は「両チーム1人ずつ」の2人

上限人数は特に定められておらず、
プレーヤー全員が密集してもルール上は問題ない

 

ボールの扱い

ラックが形成されるとラックから外に出るまで、
ボールを「手で扱うことはできない」

安全な方法であるならば「足で扱ってよい」が、
足を使ってボールを拾い上げてはならない

 

 

ラック形成の条件

• ボールが地面に置いてある状態
• 両チーム各1人以上の選手が組み合っている

主に、この2つの条件を満たすことでラック成立

 

競技規則における定義

各チームから少なくとも1名ずつの
プレーヤーが接触しており、立ったままの状態で、
地面にあるボールに被さっていることで形成される

 

一般的なラック形成の例

タックルされたプレーヤーが倒れてボールを地面に置き、
そのボールを奪いに両チームの選手が集まることで形成
(両チームのプレーヤーが組み合った瞬間にラック成立)

形成の流れ

①. タックルされたプレーヤーがボールを地面に置く
(倒されるとボールを手放さなければならない)

②. 地面に置かれたボールを敵味方が取りに向かう

③. 攻撃側はボール奪取されないように相手を抑える
(組み合った状態になり、ラック成立)

 

 

ラック形成前後の違い

• ラック形成前であれば「ボールを手で扱える
• ラックが形成されると「ボールを手で扱えない

ラック形成前

ラック成立前であれば、手によるボール奪取が可能

守備側がラック成立前にボールを奪取するプレーは、
「ジャッカル」と呼ばれる

ラック形成後

ラック形成後はボールを手で扱う行為は反則となり、
守備側によるボールの奪取は困難になる

地面にあるボールをラック最後尾へ出さない限り、
ボールを手で扱うことはできない

 

 

ラックがよく見られるシーン

ラックは競技中に頻繁に起こるプレー

ラックが形成された後に
密集の後方でスクラムハーフなどがボールを取り出し、
バックスに展開するといったプレーは度々見られる

 

 

ラックにおける主な反則

ラッキング(ペナルティで再開)

• ラック内で故意に倒れようとすること
• 倒れた状態でラックに参加すること
• ラックに飛びかかること
• ラックを故意に崩そうとすること

オフサイド(ペナルティで再開)

• ラックに参加せず、ラック前方で待機すること
• ラックの横または前方から加わろうとすること
(最後尾の後ろからしかラックに参加できない)

ボールをラックに戻す(フリーキックで再開)

ラックから出たボールをラック内に戻すこと

ラック内からボールが出ていなければ反則ではなく、
ラックで押し込んでいる状態の時に足を用いて
ボールをラック内に留めようとすることは可能

 

 

アンプレアブル

団子状になりプレーの続行が不可能な状態になる事

• 選手たちが重なり合って倒れてしまった場合
• 押し合う力が拮抗して全く動かない状態

など、これ以上プレーが進まないと、
レフリーが判断した場合「アンプレアブル」が宣言される
(「パイルアップ」とも呼ばれる)

再開方法

「スクラム」で再開され、スクラムのボール権利は
ラックで「押し込んでいた」チームが得る
(プレーが止まる前に有利だったチーム)

上記判断が難しい場合、場所で判断する事もある
(どちらが相手陣地に迫っているかという判断)

 

 

ラックの終了

ラックは以下のような状態で終了となる

• ラックからボールが出たとき
➝「プレー継続」となり、そのまま続行

• ボールがゴールラインを越えたとき
➝「プレー継続」となり、そのまま続行

• ラックの状態で反則があったとき
➝「反則に応じた方法」でプレー再開

• タッチラインを割ったとき
➝「ラインアウト」でプレー再開

• アンプレアブル
➝「スクラム」でプレー再開

 

 

 

モール(Maul)

モールの目的は、プレーヤーに
地面についていないボールを争奪させること

ボールを持ったプレーヤーを含め、
両チーム3人以上が立った状態で組み合った状態

形成されたモールは、
ゴールラインの方向へ前進していかなくてはならない

 

人数

最低「3人」のプレーヤーが必要

①. ボールを所持しているプレーヤー
②. 相手側のタックルプレーヤー
③. 味方側のサポートプレーヤー

上限人数は特に定められておらず、
プレーヤー全員が密集してもルール上は問題ない

 

ボールの扱い

ボールを手で扱うことができるので、
後方の選手へ受け渡したり、パスしたりできる

 

 

モール形成の条件

ボールを保持している選手に対し、
両チーム1人以上が組み合った際に成立する

ボールキャリアと相手側プレーヤーだけでは、
3人以上集まってもモールは成立しない

 

競技規則における定義

ボールキャリアーと各チームから少なくとも
1名ずつのプレーヤーが互いにバインドし、
立ったままの状態になることで成立

 

一般的なモール形成の例

タックルされたプレーヤーが倒れず立ったままで、
味方がサポートに入って組み合い、
周囲のプレーヤー複数人もさらに組み合いに加わる

タックルされているプレーヤーまたは
タックルしたプレーヤーに、サポートプレーヤーが
身体を密着させた瞬間に「モールが成立」する

形成の流れ

①. ボール保持者に相手プレーヤーがタックル

②. タックルされたプレーヤーは倒れない
(ただし、タックルで捕まった状態)

③. 味方選手が密着して組み合う
(この時点でモールが成立となる)

④. 周囲の両チームプレーヤーが組み合いに加わる

 

 

モールがよく見られるシーン

• キックオフボールのキャッチ直後
• 敵陣ゴール前ラインアウト
• 味方陣ゴール前ラインアウト

 

キックオフボールのキャッチ直後

キックオフで高いボールが来ると、
キャッチ直後に相手からのタックルを見舞われる

ボールをキャッチした瞬間にタックルをされると
ボールを奪われてしまうリスクが高くなる

この時、簡単に倒されないように
キャッチする選手の周囲に味方選手が集まりモールを形成
(ボールを奪われてしまうリスクが下がる)

 

敵陣ゴール前ラインアウト

ゴールラインから5mのラインアウトでは、
攻撃手段としてモールが選択されることが多い

味方側のフォワードが相手側よりも強ければ、
確率が高いトライ手段となる

 

自陣ゴール前ラインアウト

この付近ではキックで陣地回復を狙うことが多いが、
その時、チャージしようとする相手が脅威になる
(チャージ=キックしたボールを止めに飛び込む事)

このキックの際のプレッシャーを和らげるために
モールを形成することが多い

モール形成によるメリット

• 比較的安定してボールが出せる
(キッカーへ安定してボールを供給できる)

• オフサイドラインを下げることができる
(チャージする相手の位置を下げられる)

 

 

モールにおける主な反則

コラプシング(ペナルティで再開)

• 故意にモールを崩す行為
• モール内で故意に倒れようとすること
• モールに飛びかかること
• モールを構成する選手を無理に引き離そうとすること

オフサイド(ペナルティで再開)

・モールに参加せず、モール前方で待機すること
・モールの横または前方から加わろうとすること
(最後尾の後ろからしかモールに参加できない)

アンプレアブル(スクラムで再開)

ボールの動きが止まっていたり、
モールの前進の動きが見られなかったりと、
プレーに動きが見られない場合

ボール保持していなかった側ボールのスクラムで再開

 

 

モールの終了

モールは以下のような状態で終了になる

• ボールがモール外に出る
➝モール解消となり、「プレー継続」

• モールの成立要件を満たさなくなった時
➝モール解消となり、「プレー継続」

• ボールを後方に落とした時
➝「プレー継続」
(密集から出ていなければラックに移行)

• モールが自然に崩れた時
➝ラックに移行して「プレー継続」

• モール内でボール保持者が倒れたとき
➝ラックに移行して「プレー継続」

• モール中に反則があった時
➝「反則に応じた方法」でプレー再開

• タッチラインを割ったとき
➝「ラインアウト」で再開

• モールアンプレアブル
➝相手ボールの「スクラム」で再開

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました