スポンサーリンク

「二十四節気」は太陽の動きを24等分して季節を表したもの

二十四節気(にじゅうしせっき)

太陽の動き(黄道)を24等分して、
季節を表したもの

中国発祥で、日本に伝わったとされ、
農業の目安として用いられてきた

 

 

 

背景

日本では元来、太陰暦が用いられてきた

しかし、太陰暦は月の満ち欠けを基準としており、
太陽の動きとは無関係なため「暦と季節のずれ」
が生じてしまう

その解消法として用いられたのが「二十四節気

 

補足

太陰太陽暦が採用された後には、
1年の周期を調整する「閏月(うるうづき)」の
目安としても使われてきたとされる

 

 

 

二十四節気一覧

名称 読み 日にち 太陽横径
立春 りっしゅん 2月4日頃 315°
雨水 うすい 2月19日頃 330°
啓蟄 けいちつ 3月6日頃 345°
春分 しゅんぶん 3月21日頃
清明 せいめい 4月5日頃 15°
穀雨 こくう 4月20日頃 30°
名称 読み 日にち 太陽横径
立夏 りっか 5月6日頃 45°
小満 しょうまん 5月21日頃 60°
芒種 ぼうしゅ 6月6日頃 75°
夏至 げし 6月21日頃 90°
小暑 しょうしょ 7月7日頃 105°
大暑 たいしょ 7月23日頃 120°
名称 読み 日にち 太陽横径
立秋 りっしゅう 8月8日頃 135°
処暑 しょしょ 8月23日頃 150°
白露 はくろ 9月8日頃 165°
秋分 しゅうぶん 9月23日頃 180°
寒露 かんろ 10月8日頃 195°
霜降 そこう 10月23日頃 210°
名称 読み 日にち 太陽横径
立冬 りっとう 11月7日頃 225°
小雪 しょうせつ 11月22日頃 240°
大雪 たいせつ 12月7日頃 255°
冬至 とうじ 12月22日頃 270°
小寒 しょうかん 1月5日頃 285°
大寒 だいかん 1月20日頃 300°

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました