スポンサーリンク

「旧暦(太陰太陽暦)」は太陰暦を基に太陽の軌道も参考にした暦

旧暦(太陰太陽暦)

太陰暦(月の軌道を基にした暦)を基本とし、
太陽の動きも参考にして作られた暦

太陰暦では「1年:約354日」になり、
太陽を参考にした「1年:約365日」と比べると
約11日のズレが生じ、毎年季節のズレが生じる

その補正方法として「閏月」を用いて、
ズレを解消した仕組みの暦を「太陰太陽暦」という

 

 

 

太陰太陽暦のひと月の日数

太陰太陽暦におけるひと月の日数は、
太陰暦と同様

月の満ち欠けの周期は「約29.5306日」であり、
ひと月の日数は、「29日」もしくは「30日」
(基本的には「29日」「30日」を各6回ずつ)

 

 

 

閏月(うるうづき・じゅんげつ)

太陰太陽暦において加えられる「月」のこと

閏月が加えられた年は「1年:13か月」となる

ただし、
単純に12月の後に13月として加えるのではなく、
二十四節気と照らし合わせた結果などから、
割り出されたタイミングで加えられたりする

加え方の例

• 4月の後に「閏4月」として加える
• 10月の後に「閏10月」として加える

など

閏月の日数

閏月の日数は太陰太陽暦の通常の1か月同様
(「29日」もしくは「30日」)

 

 

 

閏月と暦

閏月の設定方法などによって
太陰太陽暦には様々な種類が存在し、
各年代、各国において数々の暦がある
(バビロン暦、ユダヤ暦、ギリシア暦など)

閏月の設定例

• 約3年に1回
• 19年に7回

など

 

 

 

日本における太陰太陽暦

太陰太陽暦

日本における太陰太陽暦は、
もともと中国から伝わってきたとされ、
2~7世紀の間にはすでに伝わっているとされる
(中国の史書の解釈による見解)

日本書紀によれば推古12年(西暦604年)より
日本において正式に採用されたとされる

 

旧暦

太陰太陽暦は、
補正方法の改良などを重ね用いられ続け、
太陽暦」採用直前の太陰太陽暦は「天保暦」

旧暦とは、1つ前に採用していた暦のことなので、
厳密には太陰太陽暦の中でも「天保暦」のことを指す

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました