スポンサーリンク

【ラグビー】「タックル」の基礎知識

タックル

防御側の選手が行うプレーで、
ボールを保持した相手選手の前進を阻止する方法

ボールを保持する相手選手に飛び込んで捕らえ、
地面に倒す、もしくはボールを放させること

ボールを持っている選手にのみ、タックルできる
(ボールを持たない相手へのタックルは反則)

 

補足

タックルされ、地面に倒された選手は、
ボールを離さなければならないため、
防御側がボールを奪取する機会が生まれる

また、ボールを奪取できなくても、
相手の攻撃を防ぐためのプレーとなる

 

タックルの方向による種類

• 正面から止める「フロントタックル」
• 横から止める「サイドタックル」
• 後ろから追いかけて止める「リアタックル」
(オフサイドプレーヤーはタックルできない)

 

 

 

タックル成立後の義務

タックルする選手の義務

タックル成立後、以下の義務がある

• ただちにタックル相手を放し、離れる
• ボールをプレーする場合は立ち上がる

これらの責任を果たし、ラックの状態でなければ、
自陣ゴールラインの方向からボールをプレーしてよい

 

ただちにタックル相手を放し、離れる

タックル成立後は速やかに相手選手を放し、
退かなければならない
(「ノットロールアウェイ」の反則)

➝反則を犯した場合「ペナルティ

 

ボールをプレーする場合は立ち上がる

タックルが成立した後にボールを奪うには、
1度立ち上がってからでないといけない

➝反則を犯した場合「ペナルティ

 

 

タックルされた選手の義務

タックル成立後、以下の義務がある

• ただちにボールを手放さなければならない
• 相手側のボール獲得を妨げないようにする

 

ただちにボールを手放さなければならない

パスする、地面に置く、転がすなどを行い、
ただちにボールを手放さなければならない
(「ノットリリースザボール」の反則)

➝反則を犯した場合「ペナルティ

 

相手側のボール獲得を妨げないようにする

ボールの上に被さったり、ボールの近くに横たわり、
相手側がボールを獲得するのを妨げないようにする
(「オブストラクション」の反則)

➝反則を犯した場合「ペナルティ

 

 

他プレイヤーの義務

タックル地点にいるタックルした・された
両選手以外の選手(アライビングプレイヤー)は、
以下の義務がある

• 両選手の真後ろ(自陣側)から参加しないといけない
(「オフザゲート」の反則)

• 立ってプレーに参加しなければならない

• ボールの上に倒れ込んで覆いかぶさってはいけない
(「ライングオンザボール」の反則)

• 飛び込んだりしてボールを獲得してはいけない
(「ダイブイン」の反則)

• ボールを獲得した選手は、タックルされる場合を除き、
  タックルの地点周辺で地面に倒れてはならない

➝これらに反すると「ペナルティ

 

 

 

禁止されているタックル

禁止されているタックルを行った場合、
相手に「ペナルティ」が与えられる

特に危険なプレーと判断された場合は、
イエローカード(10分間の退場処分)や、
レッドカード(退場処分)が出される

ハイタックル

肩より上へのタックル

アーリータックル

ボール保持前のタックル

レイトタックル

ボールを手放した後のタックル

スティフアームタックル

相手の首に腕を引っかけるタックル

スピアータックル

高く持ち上げ、上半身や頭から落とすようなタックル

ノーボールタックル

ボールを持っていない選手へのタックル

ノーバインドタックル

相手を抱え込む「バインド」を行わないタックル
(相手が吹き飛び、地面にたたきつけられるため危険)

 

 

 

ペナルティの再開方法

相手側は以下から再開プレーを選択できる

• 「ペナルティーキック」(直接ゴールを狙う)
• マイボール「スクラム」
• その場で「軽くキック」してリスタート
• 「タッチキック」からのマイボールラインアウト

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました