スポンサーリンク

「節句(せっく)」季節の節目の日

節句(せっく)

季節の節目の日のことで、
五つの節句がある(五節句)

もともとは奇数が重なる日に、
季節の旬の植物を用いたりなどして
邪気を祓う行事を行なうというもの

 

補足

太陰太陽暦において行われていた行事のため、
太陽暦が採用され用いられている現在においては、
1か月ほど時期がずれてしまっている
(七草粥の春の七草や菊の花が咲く時期など)

「節供(せっく)」や「節日(せちにち)」ともいう
(節供の「供」は供え物の意)

 

 

 

節句の由来

中国の陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)を由来とし、
奇数(陽)が重なる日に邪気を祓う行事と
日本の農耕を行う生活の風習が合わさり、
古くより宮中行事として行われていたとされる

江戸時代

式日「節供」として、
特に武家の間で行われるようになった

明治時代

太陰太陽暦から太陽暦へと改暦された時に
式日としては廃止となった

その後は年中行事の一環として定着し、
名もいつしか「節句」となったとされる

 

 

 

五節句

日にち 名称 読み 別称
1月7日(※) 人日の節句 じんじつ 七草の節句
3月3日 上巳の節句 じょうし 桃の節句
5月5日 端午の節句 たんご 菖蒲の節句
7月7日 七夕の節句 しちせき 笹の節句
9月9日 重陽の節句 ちょうよう 菊の節句

 

(※)
1月のみ奇数が重なる日でないのは、
1月1日が元日で特別な日であるため、
別の日(1月7日)で節句の行事を行っている

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました