スポンサーリンク

「新暦(太陽暦)」は太陽の軌道に基づいた暦

新暦(太陽暦)

太陽の軌道に基づいた暦

地球が太陽の周囲を1周する時間を1年とする
(太陽の周期からすると1年は「約365.242日」)

 

日本における新暦の採用

日本では明治6年(西暦1873年)に
「太陽暦(グレゴリオ暦) 」が採用された
(それまでは「太陰太陽暦(旧暦)」)

 

太陽暦の起源

紀元前25世紀頃のエジプトにおいては、
すでに1年を365日とする文明があったとされる

 

 

 

太陽暦の種類

太陽の軌道に基づいた暦は様々あるが、
主なものとしては、以下の2つ

• ユリウス暦
• グレゴリオ暦

 

 

ユリウス暦

紀元前45年にローマ共和国の指導者
「ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー) 」
によって制定されたもの

 

ユリウス暦による補正

太陽の周期はぴったり365日ではないので、
毎年の日数を365日とするとズレが生じていく

ユリウス暦では太陽の周期を「365.25日」と捉え、

• 1年を365日
• 4年に一度「閏日(366日目となる日) 」を設ける

とすることで補正し、ズレを解消した

ただし、実際の1年は約365.242日なので、
この方法だと「約128年に1日」のズレが生じる

 

 

グレゴリオ暦

太陽暦の中でも世界で数多く採用されており、
日本においても採用されている暦

1582年にローマ教皇グレゴリウスが、
それまで使用していた「ユリウス暦」の
補正方法を改良し、制定したもの

 

グレゴリオ暦による補正

ユリウス暦で採用していた「4年に一度の閏日」
だけではズレの補正が十分ではないので、

• 100年に1回閏年を省き、
• 400の倍数の年には閏年を設定する

という方法によってズレの補正を解消したもの

この方法によると「約3221年で1日」のズレとなる

 

 

 

補正方法の解釈

閏日の設定

【実際の4年】
約365.242(日) × 4(年) =約1460.968(日)

【1年を365日とした4年】
365(日) × 4(年) =1460(日)

【このズレの解消のため「閏日」を追加】
14601 = 1461(日)[≒約1460.968(日) ]

 

100年後

【実際の100年】
約365.242(日) × 100(年) =約36524.2(日)

【4年周期の閏日を100年継続】
1461(日) × 25(倍) =36525(日)

【ズレ解消のため100年に1度「閏日」を省く】
365251 = 36524(日)[≒約36524.2(日) ]

 

400年後

【実際の400年】
約365.242(日) × 400(年) =約146096.8(日)

【100年周期の補正を400年継続】
36524(日) × 4(倍) =146096(日)

【ズレ解消のため400の倍数の年は「閏日」を設定】
1460961 = 146097(日)[≒約146096.8(日) ]

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました