スポンサーリンク

十二支(じゅうにし)

十二支

十二支(じゅうにし)とは、

「子」「丑」「寅」「卯」「辰」「巳」
「午」「羊」「申」「酉」「戌」「亥」

の12種のことで、
これを用いて方角、月日、時間などを表していた

 

「十二支」と「えと」

十二支のことを「えと」と呼んだりする

しかし、「えと」は本来、
十干(じっかん)と十二支の組み合わせである
十干十二支」を表す「干支(かんし、えと) 」のこと

 

 

 

十二支の動物と読み

(し)     ➝鼠:ねずみ(ね)
(ちゅう)  ➝牛:うし
(いん)  ➝虎:とら
(ぼう)  ➝兎:うさぎ(う)
(しん)  ➝龍:りゅう(たつ)
(し)     ➝蛇:へび(み)
(ご)     ➝馬:うま
(び)     ➝羊:ひつじ
(しん)  ➝猿:さる
(ゆう)  ➝鳥:とり
(じゅつ)  ➝犬:いぬ
(がい)  ➝猪:いのしし(い)

 

漢字について

十二支の漢字と動物の漢字が異なっているのは、
もともと十二支として使われていた漢字に、
それぞれ動物を割り当てたためとされる

そのため、十二支で用いられている漢字と
それぞれの動物には本来、関連はない

動物が割り当てられた理由としては、当時、
全員が漢字の読み書きができたわけではないため、
動物を割り当てることでわかりやすくし、
十二支を広く浸透させるためであると推測される

 

 

 

十二支で表す時刻・方角

十二支 時刻 方角
子(ね) 23~1時
丑(うし) 1~3時 北東(北より)
寅(とら) 3~5時 北東(東より)
卯(う) 5~7時
辰(たつ) 7~9時 南東(東より)
巳(み) 9~11時 南東(南より)
午(うま) 11~13時
未(ひつじ) 13~15時 南西(南より)
申(さる) 15~17時 南西(西より)
酉(とり) 17~19時 西
戌(いぬ) 19~21時 北西(西より)
亥(い) 21~23時 北西(北より)

 

十二支を用いた時間用語

12時ちょうど➝「正午」
12時以前➝「午前」
12時以後➝「午後」

 

十二支を用いた方角用語

北東➝「うしとら(艮) 」
(「牛(うし) 」と「寅(とら) 」の間)

南東➝「たつみ(巽) 」
(「辰(たつ) 」と「巳(み) 」の間)

南西➝「ひつじさる(坤) 」
(「未(ひつじ) 」と「申(さる) 」の間)

北西➝「いぬい(乾) 」
(「戌(いぬ) 」と「亥(い) 」の間)

 

 

 

十二支の歴史

古代中国において用いられていたものが
日本に伝来したとされる

中国においては殷時代には
すでに使用していたとされる
(殷時代=日本では縄文時代頃)

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました