スポンサーリンク

端午の節句(5月5日)

端午の節句(5月5日)

季節の節目の行事「五節句」のひとつ

奈良時代頃に厄払いの行事として
中国から伝来してきたとされる

江戸時代頃に男子の誕生を祝う行事へと
変化していったとされる

 

 

端午(たんご)

端午とは、
:月のはじめ」の
:午の日」を表すことば

言葉の意味からすると、
「5月」や「5日」に限ったものではない

 

 

「5月5日=端午」となった理由

諸説あるが、

• 旧暦において5月が「午の月」にあたること
• 「午」の読みが「ご」であること

など

 

 

 

端午の節句の行事

「菖蒲(しょうぶ) 

端午の節句はもともと厄払いの行事

菖蒲には邪気祓いの力があるとされ、
菖蒲を軒に飾ることで厄払いをし、
菖蒲湯に浸かることで無病息災を祈願した

 

 

「鯉のぼり」「五月人形」

鯉のぼり

(こい)が滝を登って竜になったという
中国の故事があり、「鯉の滝登り」は
出世の象徴とされている

その鯉の滝登りを模した「鯉のぼり」
「端午の節句」の行事の際に飾り、
跡継ぎの男子の出世を願ったとされる

五月人形(ごがつにんぎょう)

江戸時代頃になると「菖蒲(しょうぶ) 」が
「尚武(しょうぶ:武を重んじる) 」につながる
として、行事が武家の間で盛んに行われた

その後、跡継ぎの男子を祝う行事へと変化し、
鎧や兜が飾られるようになり、
五月人形を飾る文化となっていったとされる


 

 

「ちまき」「柏餅」

ちまき

古代中国において、
ちまきには邪気払いの力があるとされ、
端午の節句に食されるようになった

柏餅

古代より「柏の木」は神聖な木とされ、
その葉は、神様へのお供えものを
盛る器として使われた

また、「柏の木」は、
新芽が出るまで葉が落ちない特性から
「子孫繁栄」の象徴ともされる

これらの特徴から、端午の節句に
柏餅が食されるようになったとされる

 

 

 

初節句(はつせっく)

家庭に男子が生まれてから、
初めて迎えた端午の節句の日のこと

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました