ホットコーヒーが、おかわり無料の理由

ホットコーヒーおかわり無料

喫茶店、カフェ、レストラン、ファーストフード店など、
ホットコーヒーのおかわりが、無料や低価格な場合がある

これには、コーヒーを1杯ずつ作るのではなく、
数杯分を作り置きしていることが関係すると考えられる
(作り置きではないコーヒーは基本対象外)

 

主に対象となるコーヒー

• 原材料単価が安いもの
• 作り置きのホットコーヒー(主にブレンドコーヒー)

 

作り置きコーヒーの利点

コーヒーの作り置きシステムを取る利点は、

• 注文が通ってから素早く提供することができる
• 毎回注文の度に作らなくて良いので効率が良い
(結果的に人件費の削減にも繋がる)

 

 

 

おかわり無料のしくみ

コーヒーは作った瞬間から風味が失われていき、
時間経過と共に味わいや香りが悪くなっていく

このため、作り置きのコーヒーは、
一定時間が経つと廃棄することになり、ロスが出る
(時間は店それぞれで決定、30分~1時間など)

これを解消すると同時に客の満足度も得られ、
リピーターを増やすことにも繋がる方法が、
「おかわり無料(もしくは低価格)」のサービス

 

 

 

おかわり無料の利点

• 廃棄ロスが減る

• 回転を上げることで品質の良いコーヒーの提供に繋がる

• 客にとっては、おかわりしても安く済み、お得感がある
(結果、サービスに満足した客の再来店に繋がる)

 

 

 

ホットコーヒー以外

ホットコーヒー以外には、
おかわり無料のサービスは、あまり見られない

その理由には、以下などが考えられる

 

アイスコーヒー

• 冷やしているので風味が変化しにくく、作り置き可能
(そもそもホットほど香りなどが求められていない)

• 長時間の保存が可能なので、短時間で廃棄しない
(冷蔵などすることにより長時間の保存が可能)

• 既存の業務用パックなどを提供している場合も多い
(原価がホットコーヒーに比べて高かったりする)

• 需要が増えると、さらに冷蔵スペースが必要になる
(無料のサービスのために確保するのは割に合わない)

 

紅茶

• コーヒーより原価が高くなることが多い

• 作り置きが、紅茶では難しい

• アイスティーの場合はアイスコーヒーと同様の理由

 

烏龍茶・ソフトドリンク

• アイスコーヒーの理由とほぼ同様
(原価はコーヒーよりも安いものもある)

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました