【クリスマス】クリスマスを祝う賛美歌「クリスマスキャロル」

クリスマスキャロル

クリスマスキャロル(英:Christmas carol)は、
クリスマスを祝う賛美歌・聖歌のこと
(クリスマスに歌われる宗教的な祝歌)

賛美歌・聖歌は、神を讃えたり感謝を表す歌で、
イエス・キリストの誕生を祝い、
誕生にまつわる様々な場面や逸話を歌詞にした歌

キリスト教圏では、クリスマスの前の時期から、
教会やコミュニティのイベントで人が集まって、
クリスマス・キャロルを唄う

 

 

 

代表的なクリスマス・キャロル

クリスマス・キャロルとして知られる曲や歌は、
中世以来の伝統を持つ古いものから、
20世紀前後頃に作曲・作詞が行われたものまで
非常に多数のものがある

中世に作曲されたものに後から歌詞をつけた
というものもある

日本でも一般的なクリスマスキャロルは以下など

• 聖しこの夜
• 荒野の果てに
• もろびとこぞりて
• The First Noel
• We Wish You A Merry Christmas

...他、多数

 

 

 

クリスマスソングとキャロル

「クリスマスキャロル」は、
クリスマスの宗教的な部分を題材にした歌

「クリスマスソング」は、
単にクリスマスシーズンが題材の歌

ただし、明瞭な区別は難しい

• ホワイト・クリスマス
• 赤鼻のトナカイ
• ジングル・ベル

などは、
「クリスマスソング」と見なされることが多い

 

 

 

キャロル(carol)

一般にキリスト教の行事に関連して歌われるもの
(アドヴェントキャロル、イースターキャロルなど)

キャロルは現在では、キリスト教の宗教的な
「喜びの歌、祝歌、聖歌」と捉えられるが、
もともとは宗教とは関係のないものも含めた
世俗的な「踊り」や「祝歌」であったとされる