「広がる」と「拡がる」の違い

「広がる」と「拡がる」の違い

「広がる」と「拡がる」には意味の違いはない
(「広がり、拡がり」「広げる、拡げる」も同様)

「広」という漢字は、常用漢字であり、
「ひろがる」などの訓読みも常用として含まれる

「拡」という漢字は、常用漢字に含まれているが、
「ひろがる」などの訓読みは含まれていない

このため「拡がる」は現在では、
法令、公用文書、学校教育などでは使われないが、
小説などで自由に表現したい場合には使われたりする

日常での使用で迷った場合には、
「広」を使用しておけば間違いない

 

 

使い分け

あえて「拡」を用いて、「広」と使い分ける場合、
基本的には個人の感性で自由に使い分ければよいが、
主な使い分け方は以下の通り

【広がる、広げる、広がり】

広大などの意味合いで用いられる

・元々大きい対象物を大きいと認識した時
(海、山が広がっている)

・空間、面積、幅、体積などの物理的な要素に対して使用
(車庫を広げる、道路を広げる、工場を広げる)

・もとからあるものを伸ばす
(足を広げる、風呂敷を広げる)

 

【拡がる、拡げる、拡がり】

拡大や拡張といった意味合いで用いられる

・元々小さかった対象物が大きくなった時
(波紋が拡がる、被害が拡がる)

・勢力や感染といった目に見えないものに対して使用
(反対運動が拡がる、インフルエンザ感染が拡がる)

・範囲・規模を大きくする
(視野を拡げる、商売を拡げる)

・新たに作り出すものについて使う
(販路を拡げる、滑走路を拡げる)

コメント