スポンサーリンク

「赤十字」は人道的支援や救護活動を行う組織

赤十字(せきじゅうじ)

人の命を尊重し、
苦しみの中にいる者は敵味方の区別なく救う

という理念を掲げ、活動する組織
(「アンリ・デュナン(スイス)」提唱の理念)

主な活動

• 人道的支援
• 救護活動
• 保健衛生や救急法の普及
• 献血活動

など

 

 

 

組織体制

赤十字国際委員会(ICRC)

1863年の創設以来、
戦争・内戦などの犠牲者に対し人道的支援を行う
(本部はスイスのジュネーブ)

国際赤十字赤新月社連盟(IFRC)

各国の「赤十字社」「赤新月社」の
国際的な連合体

各国の「赤十字社」「赤新月社」

• 命と健康を守る
• 苦痛を軽減する
• 人間の尊厳を守る
という目的のために幅広く活動

 

 

赤新月社(せきしんげつしゃ)

活動内容は「赤十字社」と同様

赤十字社のシンボルは赤い「十字」であるが、
十字をシンボルとする事に抵抗がある国において、
赤い「新月」をシンボルとした組織
(イスラム教国における宗教的理由など)

その組織の名称が「赤新月連盟」や「赤新月社」

 

 

 

組織の成り立ち

赤十字組織の成り立ち

【1863年】
赤十字国際委員会の前身である5人委員会が発足

【1864年】
ジュネーブ条約(赤十字条約)が調印
➝国際赤十字組織の誕生

 

 

日本赤十字社の成り立ち

【1877年】
「博愛者(救護団体) 」設立

【1886年】
日本政府がジュネーブ条約に加入

【1887年】
名称を「日本赤十字社」に改称

 

 

 

赤十字基本7原則

【人道】
生命と健康を守り人間の尊重を確保する

【公平】
国籍、人種、宗教、社会的地位、
政治上の意見によるいかなる差別もしない

【中立】
いかなる場合にも政治的、人種的、宗教的
または思想的性格の紛争に参加しない

【独立】
各国政府の補助者であり、各国の法律に従うが、
諸原則に則って行動できるよう、自主性を保つ

【奉仕】
利益を求めない奉仕的救援組織である

【単一】
「一国一社」
国内に複数の組織があってはならない

【世界性】
赤十字(赤新月)は世界的機構であり、
各国組織は同等の権利・相互援助の義務を持つ

 

 

 

「赤十字」と「赤十字軍」

「赤十字」と「赤十字軍」には何の関わりもない
(というよりも「赤十字軍」という組織はない)

十字軍、日本赤軍、赤十字などを混同して、
勘違いしているのではないかと考えられる

 

 

 

赤十字マーク

赤十字マークの配色は、
創設者アンリ・デュナンに敬意を表し、
祖国であるスイス国旗の配色を模したもの
(スイス国旗の配色を逆にしたもの)

赤十字マークが掲げられた施設や救護員などには
絶対に攻撃を加えてはならないと、
国際法や各国の法律などで定められている

赤十字マークの使用が許可されるのは、
赤十字社や法律などに基づき認められる組織のみ
(一般の病院や医薬品などへの使用は禁止)

 

 

 

参考文献

【日本赤十字社HP】赤十字とは
http://www.jrc.or.jp/about/

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました