スポンサーリンク

【違い】「蜃気楼(しんきろう)」と「陽炎(かげろう)」

蜃気楼と陽炎の違い

【蜃気楼(しんきろう)
本来そこには無い物が見える現象

【陽炎(かげろう)
地面の上が揺らめいて見える現象

 

 

 

蜃気楼(しんきろう)

大気の温度差(密度差)による光の屈折によって
本来そこには無い物が見える現象のこと

遠くにあるものが近くに見える
という現象に対していわれることが多い
(例:砂漠のオアシスなど)

景色が上下反転して見えたり、伸び上がったように見える
などといった特徴のものもある

 

現象が見られる場所

主に海上や砂漠など

 

 

蜃気楼の詳細

 

 

 

陽炎(かげろう)

景色がゆらゆらと揺れて見える現象のこと

大気や地面が熱せられることで
その周辺の空気密度が不均一になり、
通過する光が不規則に屈折するために見られる現象

 

現象が見られる場所

主に見られる場所は、

• 夏の太陽光で熱せられた地面
• 焚き火などで熱気が立ち上がるところ
• ジェットエンジンなどの熱風の排気口

など

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました