スポンサーリンク

「メーデー」は労働者の日(5月1日)

メーデー(mayday)

5月1日は「メーデー」(労働者の日)

労働者の権利要求や連帯意識を高める
といった活動を世界各国で行う日

メーデーを祝日としている国も多いが、
日本では祝日とはされていない
(メーデーを休日としている会社はある)

 

 

 

メーデーの歴史

1886年5月1日、アメリカにおいて
労働組合連盟による「8時間労働制要求運動」の
統一ストライキを行ったことが起源とされる
(それ以前は12~14時間労働も当たり前)

その後、
労働者の国際的連帯としてデモを行う事が認められ、
1890年5月1日にヨーロッパ各国やアメリカなどで
「第1回国際メーデー」が実行された

 

 

 

日本におけるメーデー

1920年に第1回メーデーが行われ、
1935年まで行われた
(初年度は5月2日、その翌年以降は5月1日)

1936年に「二二六事件」が発生した影響で
各種運動が禁止されメーデーも中止となった
(その後1945年まで開催されなかった)

1946年から再開

 

 

 

メーデーと祝日

日本

日本では、1984年の第54回メーデーにおいて、
「メーデーの日」の祝日化要求が行われたが
実現には至らなかった

その後も議論や検討は重ねられているものの
今日まで実現には至っていない

祝日とはならなかったが、
会社によっては休日としている場合もある

 

主な議論内容

5月1日が祝日となると、
ゴールデンウィークがさらに長期間の連休となり、
労働者にとっては良かったりする

ただし、金融市場、株式市場などでは、
市場が長期間開かれないことが問題視される

これらのことから、
祝日化は慎重に議論され、実現は難しい

 

 

世界各国

世界各国では、
メーデーを祝日としている国が多い

80か国以上が祝日としているとされる

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました