スポンサーリンク

【違い】「料金」と「代金」

料金と代金の違い

主な違いとしては以下など

• お金を払う対象のものに形があるかどうか
(形がある➝「代金」、形がない➝「料金」)

• 支払う料金をまとめたものかどうか
(まとめたもの➝「代金」、個別➝「料金」)

そのほかにも定義は様々あるが、
実際には使い方の違いに厳格な定義はない

 

 

 

料金

主に以下の場合に使われる場合が多い

• 物やサービスの利用・使用に対して支払う金額
(商品・物品は得られないもの)

• 個別に支払う金額

など

 

「料金」を用いた例

• タクシー料金
• 駐車料金
• レンタル料金

など

 

 

 

代金

主に以下の場合に使われる場合が多い

・商品に対して支払う金額
(支払金額に代え、商品がもらえる場合)

・支払う料金をまとめた金額

 

「代金」を用いた例

• 食事代金
• 電話代金
(端末料金、通話料、利用料などまとめ払い)

など

 

 

 

その他

公共的に提供されるものは、
サービスであり物も得られるので、
「料金」「代金」の両方が使われたりする

 

• 水道料金、水道代金
• 電気料金、電気代金
• ガス料金、ガス代金

など

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました