「監視カメラ・防犯カメラ」の画質の粗さと白黒映像

監視・防犯カメラの画質の粗さ

監視・防犯カメラは、
映像を鮮明に映し出すものもあるが、
基本的には「画質が粗い」イメージがある

その理由には、以下などが考えられる

①. コスト削減
(解像度の低い旧型のカメラを使用)

②. 長期間保存するための画質設定
(画質を低く設定し、記憶容量を小さくする)

③. 拡大した映像であるため
(広範囲を撮影したうちのズームインした映像)

そのほか、
プライバシー侵害や肖像権侵害を回避するために
わざと粗くしているという見解もある

 

 

コスト削減

カメラの画質が粗いのは、
解像度の低い旧型のカメラを使用していたりする

監視・防犯カメラの製造技術も進歩しているため、
最新のものであれば解像度が高く、映像も鮮明

 

古いカメラを使う理由

• 最初に設置した状態から使い続けている
(新しいものに変更するとコストがかかる)

• 最新機種を導入すると高額になるので抑える
(良いものを導入するという意識は低い)

• 画質の良さが、犯罪抑止効果に繋がるわけではない
(最新と古いものでも外観の違いは分かりにくい)

 

補足

特に複数台のカメラを設置する、している場合は、
その数の分だけ導入・変更コストがかかる

特に犯罪が多い場所などでなければ、
カメラが活躍する場面というのは非常に少ないので、
設置側は最新の高額のカメラを導入する意識は低い

 

 

長期間保存するための画質設定

画質が高いほど、記録容量は多くなる
(例:30万画素➝0.3MB、300万画素➝1.7MBなど)

また、監視・防犯カメラの場合、
記録した映像をいつ使用するかわからないため、
一定期間保存しておく必要があったりする

そのため、動画の画質を低く設定して、
長期間の保存を実現していたりする
(画質が高いと大容量となり、長期保存が困難)

 

記憶保存容量の例

• 1秒撮った画像の容量を「0.3MB」とした場合

1分 ➝18MB
1時間➝1080MB(約1GB)
1日 ➝約24GB

「1ヶ月➝約720GB」

 

• 1秒撮った画像の容量を「1.5MB」とした場合

1分 ➝90MB
1時間➝5400MB(5.4GB)
1日 ➝約130GB

「1ヶ月➝約3900GB(3.9TB)」

 

記憶容量が多いと、それに見合う記憶媒体が必要
➝記憶保存容量の多い記憶媒体は高額になる
(導入コストが高くなる)

 

 

拡大した映像であるため

ニュースなどで流れる監視・防犯カメラの映像は、
広角で撮った映像のうち、一部分にスポットを当て、
拡大したものを流していたりする

拡大した映像は、自ずと元の映像に比べて粗くなり、
拡大すればするほど粗くなる

そのため、
その拡大した映像を見たイメージから、
「監視・防犯カメラの映像=粗い」となっていたりする

 

 

プライバシー・肖像権の問題

プライバシーの侵害や肖像権の問題から、
損害賠償請求されるリスクを低減するために
画像を鮮明にさせないという考え方がある

ただし、それらに関して
法律における規制というものはない

「防犯」を目的として設置しているカメラであり、
その目的通りに利用していれば、
プライバシーや肖像権の侵害に抵触する事はない

 

防犯目的のカメラ撮影は違法ではない

防犯目的や犯罪発生後の証拠を残すなどの目的があり、
監視・防犯カメラを設置する必要性がある場合は、
不特定多数の人を撮影することは違法にはならない

ただし、
隣の家をのぞき見るような角度であったり、
私的空間の撮影の場合は違法になったりする
(私的空間=トイレや更衣室など)

 

補足

ちなみに、仮に違法であるとした場合に
プライバシーの侵害や肖像権の問題を避けるには、
少々画像を落として粗くしただけでは不十分

この場合、
個人を判別できない程度に画像を粗くしないといけない

 

 

 

白黒の監視・防犯カメラ

• 暗いときは、白黒の方が被写体の輪郭が鮮明
• 赤外線を利用したものは、基本的に白黒の映像

これらの理由から、
特に夜間の映像は白黒の映像である事が多い

また、
白黒だとカラーに比べて記憶容量が少なくなるので、
そういった理由から白黒にしているということもある
(長期保存しやすい、記憶媒体が小容量なもので良い)

 

補足

最近の防犯カメラの多くは、
「昼間➝カラー、夜間➝自動的に白黒になる」

可視光によるカラー映像と赤外線による白黒映像
重ねて表示可能なカメラというのもある

赤外線カメラの白黒の濃淡を解析して
カラー映像を出力することも可能になってきている

 

夜間のカメラ

夜間など暗い場所を撮影するカメラには、
「赤外線カメラ」や「暗視カメラ(高感度カメラ)」
などがある

赤外線カメラ

赤外線に感度を持つカメラ

光のない暗い場所でも関係なく、
赤外線に反応したものを白黒で映像を写しだす
(明るくても白黒の映像となる)

暗視カメラ(高感度カメラ)

光に対して感度を増幅させて、
暗い場所を撮影することを可能としたもの

より高感度のものは、
昼間のように映像を映し出すことが可能で、
カラーで写し出せるものも多い

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました