【鍋料理】「チゲ鍋」と「キムチ鍋」の違い

「チゲ鍋」と「キムチ鍋」の違い

【チゲ鍋】

「チゲ」とは朝鮮半島の鍋料理のひとつ

チゲ料理の中にキムチを用いたキムチチゲがあり、
日本でチゲというと、主に「キムチチゲ」を指す

【キムチ鍋】

キムチを用いた鍋料理
特に日本の鍋料理風につくったものをいうことが多い

 

 

「キムチチゲ」と「キムチ鍋」の違い

キムチを使った鍋という意味では、
キムチチゲとキムチ鍋は、ほぼ同じもの

違いを挙げると以下などの通り

キムチチゲ:キムチを用いた朝鮮の伝統的な小鍋料理
キムチ鍋:日本の鍋料理風にアレンジしたもの

また、本場の韓国のキムチは酸味が強いので、
事前に炒めて酸味を飛ばしたりする

 

 

 

チゲ鍋

「チゲ」とは、朝鮮半島の鍋料理のひとつ

基本的に一人用の小鍋で出される鍋料理で、
野菜、肉、魚介類、豆腐などの具材を
味噌、塩、コチュジャンなどで味付けた出汁で煮る

「チゲ」自体が韓国語で鍋料理を意味するので、
「チゲ鍋」という料理名は正しくない

 

 

キムチチゲ

キムチチゲは、数あるチゲの種類のひとつ

日本においては「キムチチゲ」が最も一般的なので、
単に「チゲ」というと「キムチチゲ」を指すことが多い

また、その他のチゲも唐辛子を加えるものも多いため
「チゲ=辛い鍋」と思われがちだが、
唐辛子を加えず、辛くないものもある

 

 

主なチゲの種類

• キムチチゲ
• テンジャンチゲ
• トゥブチゲ、スンドゥブチゲ
• プデチゲ

など

 

【キムチチゲ】

キムチを主体としたチゲ
(さらにコチュジャンや唐辛子などで調味する)

【テンジャンチゲ】

「テンジャン(朝鮮味噌)」で味をつけたチゲ
(基本的に辛くない仕上がりになる)

【トゥブチゲ】

「トゥブ(豆腐)」をメインとしたチゲ

「スンドゥブ(純豆腐)」を用いたものが有名
(スンドゥブ=水分をたっぷり含んだ柔らかい豆腐)

【プデチゲ】

「プデ(部隊・集団)」を発祥とするチゲ

韓国の部隊において、
米軍から流出したコンビーフ、ミート類などを
加えてつくられたものが起源とされる

チゲと名の付く料理ではあるが、
底の浅い大鍋で調理し取り分けて食べる鍋料理

 

 

 

キムチ鍋

「キムチ入り」もしくは「キムチ味」の鍋

キムチを中心に肉、魚介類、野菜、豆腐、きのこ
などを入れて煮込んだ鍋のこと

キムチチゲとほぼ同様のものであるが、
「キムチ鍋」は、大きな鍋で作られることが多く、
日本の鍋料理風にアレンジされたものといえる
(「チゲ」は一般的に一人用小鍋で提供される)