スポンサーリンク

【祝日】昭和の日(4月29日)

昭和の日(4月29日)

「昭和の日」は祝日のひとつ

祝日としての意味合いは、

激動の日々を経て、
復興を遂げた昭和の時代を顧み、
国の将来に思いをいたす

(「国民の祝日に関する法律・第2条」より)

 

 

 

ゴールデンウィークの祝日のひとつ

憲法記念日」「みどりの日」「こどもの日」と共に
ゴールデンウィークに関連する祝日のひとつ

 

 

 

以前は「みどりの日」

4月29日は、
以前は「みどりの日」の祝日であった

2007年の祝日法の改正により、
それまで「みどりの日」であった4月29日の祝日が
「昭和の日」に名称が変更された

これに伴い「みどりの日」は、
5月4日の祝日の名称に変更された

 

 

 

4月29日の祝日の由来

4月29日は、もともと昭和天皇の誕生日であり、
昭和の時代には、「天長節」や「天皇誕生日」
という名称の祭日や祝日であった

 

 

天長節(昭和天皇)

1926年、大正天皇崩御、昭和天皇の即位により、
1927年より、昭和天皇の誕生日である「4月29日」が、
「天長節(天皇の誕生日を祝う祭日)」となった

 

 

天皇誕生日(昭和天皇)

1948年、終戦後に「GHQ」の意向によって、
それまでの祝祭日に関する法律「休日ニ関スル件」が廃止

新たに「国民の祝日に関する法律」が制定、施行され、
それに伴い、4月29日は「天皇誕生日」の祝日となった

 

天皇誕生日(平成天皇)

1989年、昭和天皇の崩御、平成天皇の即位により、
同年より、「天皇誕生日」の祝日は、
平成天皇の誕生日である「12月23日」に変更された

 

 

みどりの日(旧)

昭和天皇の崩御に伴い、
それまで「天皇誕生日(昭和天皇)」とされてきた
「4月29日」は、祝日から外れるはずであった

しかし、昭和天皇を偲ぶという気持ちや、
ゴールデンウィークに影響が及ぶ懸念などから、
祝日の継続が望まれ、「みどりの日」の祝日となった

 

 

昭和の日

兼ねてより「4月29日の祝日の名称を昭和の日にすべき」
という意見があり、それが汲まれて祝日法が改正され、
2007年に名称が「昭和の日」に変更された

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました