スポンサーリンク

【祝日】勤労感謝の日(11月23日)

勤労感謝の日(11月23日)

勤労感謝の日は祝日のひとつ

勤労をたつとび、生産を祝い、
国民たがいに感謝しあう

(国民の祝日に関する法律・第2条より)

 

たつとび

「とうとび(尊び、貴び)」の古い言い方で、
尊敬や尊重、重んじるといった意味合い

 

 

 

勤労感謝の日の制定

1948年の「国民の祝日に関する法律」の
公布・施行に伴って制定

 

 

 

勤労感謝の日の由来

戦前の日本では毎年11月23日は、
天皇における神への五穀豊穣の感謝の儀式を行う
「新嘗祭」という宮中祭祀の日で、祭日であった

終戦後、国民と皇室の結びつきを切り離したい
GHQの指令により「新嘗祭」の祭日は廃止され、
その代わりに「勤労感謝の日」という祝日が設けられた

「新嘗祭」は戦後は宮中のみでの祭祀となった

 

 

名称の由来

「勤労感謝の日」という名称は、
アメリカの「Thanksgiving Day(感謝の日)」
にならったものとされる

 

 

新嘗祭

読みは「にいなめさい」又は「しんじょうさい」
「新」は新穀、「嘗」はご馳走を意味する

新嘗祭とは天皇が日本国民を代表し、
新穀を神様に供え、その作物を天皇が食することで
五穀豊穣に対する神への感謝を捧げるための儀式・収穫祭

歴史的には、
飛鳥時代の皇極天皇の時代には執り行われていた
とする記述が「日本書紀」にあるとされる

 

 

11月23日の由来

新嘗祭は1872年(明治4年)までは
旧暦11月の2回目の卯の日」に行われていた

1873年に新暦(太陽暦)が導入されると、
「新暦11月の2回目の卯の日」に行うこととなった

それが、
1873年では「11月23日」であり、
翌年の1874年からは「11月23日」に固定して
行われるようになったとされる

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました