スポンサーリンク

【祝日】成人の日(1月の第2月曜日)

成人の日(1月の第2月曜日)

成人の日は、祝日のひとつ

祝日としての意味合いは、

おとなになつたことを自覚し、
みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます

(国民の祝日に関する法律・第2条より)

 

 

 

成人の日の制定

1948年公布、1949年施行

制定当初は「1月15日」だったが、
祝日法改正(ハッピーマンデー制度)により、
2000年から「1月の第2月曜日」となった

 

 

 

成人の日の由来

成人の日の由来は「元服の儀」と言われる
(「元服の儀」は昔の成人式に相当するもの)

成人の日が当初1月15日とされていたのも
「元服の儀」に由来すると言われる

 

 

 

成人式

「成人(20歳)」になったことを祝う式典
(各市町村で新成人を招いて行われる)

基本的には「成人の日」に開催されるものであるが、
その前日や、大型連休、お盆などに行う地方自治体もある

 

前日

成人の日は「月曜日」なので、
その前日は「日曜日」になる

大型連休やお盆

豪雪の影響を考慮していたり、
地元を離れた人が帰省しやすい時期を考慮

 

 

成人式の参加対象者

本来、該当するとされていたのは、
前年の成人の日の「翌日」から
その年の「成人の日」までに誕生日を迎える人

しかし近年定着しているのは、
「前年の4月2日~その年の4月1日」に成人する人
(いわゆる学齢方式を用いたもの)

 

 

成人式に振袖を着る理由

着物には、
「留袖、付け下げ、訪問着、振袖」などがあるが、
未婚の女性の礼装は「振袖」となる

成人式は「格式の高い場」であるとされ、
女性が成人式に着物を着て参加する場合は、
礼装となる「振袖」を着るのがマナーとされる

 

 

成人式の発祥

地域の新成人が一堂に会して行う成人式の発祥は、
1946年に埼玉県で開催された「青年祭」と言われ、
それが全国に広まったとされる

これをきっかけとして、
1948年に「成人の日」が制定されたとされる

 

 

 

元服の儀(げんぷくのぎ)

元服の儀とは、「成人の儀式」のこと

成年の儀式は、
古く奈良時代頃からあるともされる

男子は 12~16歳くらいで「元服の儀」を行い、
髪型や身なりを大人のものへと改めたとされる

主に上流階級の人々の間での風習であったとされる

 

裳着(もぎ)

女子の場合は、
平安時代頃からあるともされる「裳着(もぎ)」を
12~16歳くらいで行い、大人の髪型へと改めたとされる

「裳着」とは、
「裳(腰から下にまとう衣服)」を身に着ける儀式

主に上流階級の人々の間での風習であったとされる

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました