雇用形態

雇用形態

公務員における「休職」

公務員における休職 公務員の「休職」については、 以下などで、それぞれ規定される • 地方公務員(地方公務員法、条例) • 国家公務員(国家公務員法、人事院規則) • 自衛隊員(自衛隊法...
2019.04.08
雇用形態

公務員における「休業」

地方公務員における休業 • 自己啓発等休業(地方公務員法) • 配偶者同行休業(地方公務員法) • 大学院修学休業(教育公務員特例法) • 育児休業(地方公務員の育児休業等に関する法律) ...
2019.04.07
違い・あいまい

【違い】会社における「休日」「休暇」「休業」「休職」

会社における「休日」「休暇」「休業」「休職」 【休日】 • 就業規則などであらかじめ定められた休み 【休暇】 • もともと労働する義務がある日を休みにすること • 休...
2019.04.06
雇用形態

会社における「休職」

休職 労務への従事が不適当な事由が生じた場合に、 会社と労働者の労働契約を継続したまま、 一定期間、労務を免除または停止すること 会社が労働者に対して休職の命令を出すか、 労働者からの申...
2019.04.06
雇用形態

会社における「休業」

会社における「休業」 会社側もしくは労働者側の事情により、 営業・業務を休むこと (連続する長期のものをいうことも多い) 会社側の事情による休業 会社側(使用者)の事...
2019.04.06
雇用形態

「年次有給休暇(年休・有休)」とは、有給の休暇日のこと

年次有給休暇(年休・有休) 年次有給休暇は、労働者が取得する休暇のうち、 賃金が支払われる「有給」の休暇 労働基準法で定められた休日なので、 労働者に有給休暇を与えない会社は違法となる ...
2019.04.06
違い・あいまい

【違い】「代休」と「振替休日」

「代休」と「振替休日」の違い 【代休】 休日労働をした後に代替として取る休日 (労働した日は「休日労働」扱いになる) 【振替休日】 あらかじめ休日と労働日を交換してお...
2019.04.06
雇用形態

「休暇」とは労働義務のある日に休みを取ること

休暇 仕事などを休むこと もともと労働する義務がある日に、 労働者が申請することによって 会社がその労働義務を免除し、休みとする 休暇は大きく分類すると、 「法定休暇」と「法定外休...
2019.04.05
雇用形態

労働者の「休日」と「週休二日制」

労働者の休日 労働基準法上における休日とは、 労働契約上、当初から労務提供義務がない日のこと (「休日」=労働者が労働義務を負わない日) 労働者の休日には、大きく分けると、 「法定休日」...
2019.04.05
法律

「未成年者の労働」年齢における就業可能な職業

未成年者の労働 【~小学生相当】 映画の製作又は演劇の事業については労働可能 【中学生相当】 労働可能な職業は多数ある 【高校生相当】 深夜の業務は不可、危険有害業務への就...
2019.04.17
法律

「深夜労働」時間帯、割増賃金、未成年者の深夜労働

深夜労働 深夜の時間帯に労働すること 深夜労働は労働基準法において、 以下などの項目が定められている • 割増賃金の支払い義務 • 年少者を労働させてはならない 割...
2019.04.17